エリック・クラプトン

エリック・クラプトン

いよいよ最終日。

スティーヴとの大人のロックが聞けた今回の公演。

ほのぼのしたライブでした。

次回はソロでギターをギンギンに弾いて・・・・・

20111210ec

| | トラックバック (0)

エリック・クラプトン

アコギで弾く「ワンダフルナイト」今夜も・・・・・

20111207ec

| | トラックバック (0)

エリック・クラプトン

武道館後半戦です。

20111203ec_2

| | トラックバック (0)

エリック・クラプトン

今日も快調

クラプトンが刻むギター、「ギム・サム・ラーヴィン」20111206ec

| | トラックバック (0)

エリック・クラプトン

今日より、武道館がスタート

20111202ec

| | トラックバック (0)

エリック・クラプトン&ステイヴ・ウインウッド

雨の中での横浜での公演

雨の中の神の歌

プレゼンス・オブ・ザ・ロード

まさか聴けるなんて・・・・・20111119ec1

| | トラックバック (0)

クラプトン

新譜が出ました。今回はスタジオ録音で

スタジオ版はライブと違ってギターソロは長いものは無く

歌中心で作られています。

J.J.ケイルとの3曲、息の合った演奏、いいですね。

振り返るとJ.J.ケイルは40年前から、渋くてカッコ良く

クラプトンの師匠?

当時は二人でどんな話をしていたんでしょうかね?

来日が待ちどうしい、今日この頃です・・・・・100926ec

| | トラックバック (0)

この道を歩いていくと

JR大久保駅沿いを歩いていくと

時間がさかのぼります。

たどり着いたところは、1985年へ

10月5日代々木オリンピックプール会場

いなたいスライドギターで始まるオープニング曲は

「タルサ・タイム」

エリック・クラプトンの東京公演です。

ヴォーカルに力を入れ始めたころのクラプトンが聴けます。

怒りのギターソロの「same old blues 」も演奏されています。

テンポの良いダック・ダンのベース

「レイラ」のピアノはやはり、クリス・ステイトンですね。

-----------

来日は2011年?1002271 1002272

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーコン・シアター 2009.3.20

オールマン・ブラザーズ・バンド+エリック・クラプトン

今日から、3月19日に引続き、3月20日のライブを聴き始めました。

完全版なので、3CDで嬉しい限りです。

オールマンの選曲は、19日とはほとんど変えており、

ツインギターが華麗な「マウンテン・ジャム」、いなたいボーカルの「メリサ」

などが演奏されています。

好み的には、20日の選曲がいいです。

クラプトン・セットでは「エニイ・デェイ」がなくなっていました。

その代わり、オールマンの「エリザベル・リード」が演奏されています。

クラプトンとオールマン・ブラザーズ・バンド、違和感は全然なく

クラプトン・ヒズ・バンドと名乗っても全然問題がないほどです。

このCDは、タワレコ限定?Dsc05174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい箱物

大人になってもわくわくする物があるっていいですね。

この箱の中に入っている物

エリック・クラプトンの2009年東京での音源です。

自分の公演記事を読みながら聴いています。

目に浮かんできますね。

あっ

この箱の中には、DVDも入っていて映像も見れるのです。

----------------

現在、クラプトンは胆石の治療中とのこと、ちょっと心配ですが・・・・・20091026

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧