« タリーズVSスタバ | トップページ | ちょっとだけ増えて »

ロックギター・リフ・ベスト50

インターネットの立上はMSで設定しています。

今朝立ち上げると「ロックギター・リフ・50」なる特集が

結論から

№1はジミー・ヘンドリックスの「ヴードゥー・チャイルド」でした。

レッド・ツェッペリンも数曲エントリーされていました。

ビートルズも数曲

クラプトンは「レイラ」

ロックは70年代に確立された音楽で、

特にギターの時代でもありました。

リフのカッコよさが、そのまま曲の良さにもつながっていました。

個人的には

 ローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」「ハッピー」

  キースのギターリフのかっこよさは、どこから来るのでしょう?

  ライブ観たいです。

 ツェッペリンは「ロックンロール」「コミュニケーション・ブレイクダウン」

 クラプトンはリフと言うより、曲全体がいいですね。

  最近日本では演奏されていない「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」観たいですね。

---------------

今宵は、81年のストーンズを聞きながら、おやすみなさい。

オープニングの「アンダー・マイ・サム」、キースの刻むギター、最高!!!091201

 

|

« タリーズVSスタバ | トップページ | ちょっとだけ増えて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロックギター・リフ・ベスト50:

« タリーズVSスタバ | トップページ | ちょっとだけ増えて »