« サムライ・ブルー | トップページ | 郵便物が届く »

あの曲、あの頃

3時のコーヒータイムでは美味しいコーヒーを飲みながらiTunesで70年代のラジオステーションを聞いていました。

Ten Years After   I'm Going Home

Lynyrd Skynyrd   Tuesdays Gone

Greatful Dead     Walkin Blues

などが流れていました。

近々、観る予定の映画「明日の記憶」では、渡辺謙がこだわった70年代の曲が流れます。渡辺謙、個人的には70年代はブラスバンドに所属していたそうで「チェイス」の曲が好きだったようです。チェイスはシカゴと並ぶブラスロックバンドでした。

あの曲を聴くと、あの頃に戻れる、音楽はマジックです。あの頃の匂いまでも思い出されます。

写真のアルバムはジャクソン・ブラウンです。この頃はよく渋谷に行っていました。写真はパルコ前の交差点に似ているかな?

そして、アルバムは渋谷のシスコでよく買っていました。このアルバムの1番のお気に入り曲は

your  bright  baby  blues

ゲストでローウェル・ジョージがスライドギターとハーモニーで参加している曲です。夕暮れ時の渋谷の街にぴったりです。

今を思い出す曲は、どの曲になるのかな? ジャック・ジョンソンの曲かな・・・・・060516jacson

|

« サムライ・ブルー | トップページ | 郵便物が届く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、Jackson Browneを検索していたら辿り着きました。今後とも宜しくお願い致します。
私も音楽はマジックだと思います。でも、顔がほころびる思い出だけならよいのですが、辛かったことが蒸し返されるように浮かんでくることもありました。
タイトル曲「The Pretender」を聴いていると、「Are You There?」のところでいつもハッとします。おそらく、神への呼びかけと聴いている者への問いかけというダブル・ミーニングなんでしょうけれど、ついつい過去の自分を振り返ってしまいます。

投稿: everywhere | 2008年5月19日 (月) 15時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの曲、あの頃:

« サムライ・ブルー | トップページ | 郵便物が届く »